銀座カラーでの全身脱毛体験

私は20代前半の会社員です。以前から脱毛サロンに興味があり、半年程前から銀座カラーで全身脱毛を進めております。

 

最初のきっかけは同僚と飲みに行った時の会話です。社内でも1・2を争う程綺麗な女性なのですが、数年前に銀座カラーで全身脱毛したとのこと。私も脱毛すれば綺麗な肌を手に入れて彼女に近づけるのではないか?とささやかな希望を持ったのが最初です。私は元々毛深い方でしたし、そんな自分に半ば諦めてもいましたが時期同じくして彼氏もできたこともあって、少しでも綺麗に見える女性になりたい!という気持ちが高まったのです。

 

数日後サロンにカウンセリング予約を入れて来店しました。店内はコンパクトながらも清潔感があり、間接照明や室内装飾もセンスがよく居心地の良い空間。全身脱毛希望の旨を伝え、私のムダ毛に対する悩みや希望を伝えました。スタッフさんは皆さん物腰柔らかで話しやすい感じ。私に合った脱毛計画を立てていただきました。その計画に沿って脱毛サロン通いがスタートしました。

 

脱毛はレーザーを照射するために箇所によっては輪ゴムをはじかれたような痛みを感じます。最初はその痛みが怖くて、しかもカーテン越しに隣のお客さんがいたりで落ち着かないことも多々ありましたが、回数を重ねるうちに痛みにもその雰囲気にも大分慣れてきました。スタッフさんは中には新人さんなのか余計なことばかり話して作業する手がおぼつかずこちらがナーバスになってしまうような方もいましたけど、ほとんどの方が手馴れた作業で、スピーディーにやっていただけるのでこちらは人形になったつもりでこの時間を乗り切っています。他の同レベルの脱毛サロンと比較すると全身脱毛がリーズナブルであることが通い始めてから分かったのですが、安く綺麗になれるのなら多少の居心地の悪さや痛みは仕方ないのかもしれません。また予約をキャンセルしてしまうとキャンセル料金が取られたり、予約が取れなくなってこちらが損してしまう恐れもあったりするので、今はとにかく綺麗になるんだ!と言い聞かせて頑張っています。

 

銀座カラーで脱毛した部分に関して言えば、毛が薄くなりましたし、少なくとも毛深い女の部類には入らないで済むようになりました。自分で触っても脱毛した部分は滑らかな肌になっていますし、脱毛の効果はまずますのようです。今まで毛深い足を隠すためにスカートはタブーな生活を送っていましたが、ここ最近はスカートを履く自信も付いてきました。まだ脱毛完了まで1年程残っていますが、自分にもっと自信が持てるよう頑張って通いたいです。